2022年8月18日

その他

ポスター制作とは?制作するメリットや販促効果を解説

多くの企業や店舗は、ポスターを制作して販売促進を行ったり、一般消費者に対して商品をアピールしていたりします。

本記事を読んでいる方も、ポスターを制作して集客効果を高めたいと思っているのではないでしょうか。

しかし同時に、ポスター制作の費用相場やポイントが分からずに悩んでいる方も多いかもしれません。

本記事では、ポスター制作の概要を解説するとともに、ポスター制作の相場をご紹介します。

また、ポスター制作の費用相場や制作する際のポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者

キョウエイアドインターナショナルは、交通広告をメインに、自治体広告やテレビ、ラジオ、イベントなど幅広く手掛ける創業75年の広告代理店です。1948年に創業して以来、時代の流れに沿った広告を数々提供してきました。URLはこちら。
北海道から沖縄まで、全国31箇所の事業所数があり、交通機関との取引数は全国でもトップクラス。
各地の交通機関と信頼関係を築き、クライアントにとって有効で、地域社会が活性化するような、
きめ細やかなプロモーションをしています。広告の出稿を検討されている方はぜひ一度お問い合わせください。
問い合わせページはこちら。

ポスター制作とは?

まずは、ポスター制作の概要から解説します。ポスター制作は、文字通り店舗やイベントなどで使うポスターを制作することです。

ポスターの役割は、多くの人に新商品や店舗の存在を知ってもらったり、興味関心を集めたりすることです。

ポスターを制作せずに、店舗の前で不特定多数の人にアピールすることを検討する場合、担当スタッフが24時間宣伝し続けるのは不可能です。

仮に交代でできたとしても、多くの人件費が必要になります。

しかしポスターを制作すれば、人の代わりに分かりやすく魅力を伝えてくれるため、効率的に集客効果を高めることが可能です。

魅力的なデザインでポスターを制作できれば、人の代わりに絶大な効果を発揮する広告としての役割を果たします。

そのため、店舗やイベントを開催する際にポスターを制作することは、非常に賢明な広告手段だと言えるでしょう。

ポスター制作のメリット

ここまで、ポスター制作の概要を解説してきました。ここからは、ポスター制作の3つのメリットをご紹介します。

  • 親近感や信頼性を感じてもらいやすい
  • 比較的安価に制作できる
  • 短期的・中長期的な集客に活用できる

それぞれ順番に見ていきましょう。

親近感や信頼性を感じてもらいやすい

ポスターは、親近感や信頼性を感じてもらいやすいというメリットがあります。

地域に住んでいる人や通りすがりの人に、ポスターは何度でも見てもらうことが可能です。

単純接触効果という心理学があるとおり、人は何度も同じものを見ると、自然と信頼しやすくなるという傾向があることが知られています。

親近感や信頼性を感じれば、その店舗やイベントに足を運んでみたくなるため、ポスター制作は集客効果にも高いメリットがあります。

比較的安価に制作できる

ポスター制作は、他の広告と比較して比較的安価に制作できるメリットもあります。

潤沢な広告予算がある企業でなくとも、ポスターであれば気軽に制作し、集客効果を見込むことが可能です。

大きな予算が必要となる業者に依頼しなくとも、印刷やプリントなどは自社で行うこともでき、その分の予算も削減することができるでしょう。

短期的・中長期的な集客に活用できる

ポスターは、短期的、中長期的な集客のどちらにも活用できるメリットがあります。

一度の制作で中長期にわたって集客できるということは、それだけ予算がかからないことを意味し、高い費用対効果が期待できます。

また、ポスターはイベントといった短期的な集客にも活用可能です。

視認性の高い広告として訴求できるので、道行く人にも気軽にイベントの宣伝を行えます。

ポスター制作の費用相場

ポスター制作の費用相場

ここまで、ポスター制作について解説をしてきましたが、どの程度の予算を用意すればポスターを制作できるのか、気になる方は多いのではないでしょうか。

ここからは、ポスター制作予算の下限と、できる限り予算を抑える方法をご紹介します。

ポスター制作の最小ロット(下限価格)

結論から申し上げると、ポスター制作の最小ロット(下限価格)は20,000円程度となっています。

ポスター制作にかかる費用は会社によって異なるものの、一般的には下記の費用が必要です。

  • ディレクション費用
  • デザイン費用
  • イラスト制作費用
  • 撮影費用
  • 印刷費用

上記の中でも、デザイン費用のみであれば20,000円程度に抑えられることが多いです。

こだわったデザインにする場合は、イラストを制作したり撮影したりする費用が追加で必要になるため、50,000円〜100,000円程度の予算が必要になるケースもあります。

できる限り予算を抑える方法

ポスター制作自体は比較的低予算で取り組めるものですが、さらに予算を抑えるのであれば、自社で行う作業を増やす方法がおすすめです。

たとえば、撮影をして新たな画像素材を集めたい場合、プロのカメラマンなどに依頼するとその分の予算が必要になります。

しかし、自社が撮影をすればその分の予算は削ることができるため、予算を抑えられます。

他にも、印刷費用を自社で負担したり、イラストを作成できるデザイナーがいたりする場合は、さらに予算を抑えることが可能です。

予め上限予算を設定しておき、その予算の中で、企業と自社がどのような取り組みをするかを相談して進めると良いでしょう。

ポスター制作のポイント

ポスター制作は、一見簡単そうに見えるものの、実は奥が深い制作物の1つです。

押さえるべきポイントを押さえなければ、誰の興味も惹かないポスターができ上がってしまいます。それらを防ぐためには、下記のポイントを押さえましょう。

  • キャッチコピーとメインビジュアルが肝心
  • ターゲットを絞る
  • 伝えたい情報を精査する

それぞれ順番に解説します。

キャッチコピーとメインビジュアルが肝心

キャッチコピーとメインビジュアルは、ポスターの中でも一番目立つ部分です。これらで興味を引くことができなければ、誰もポスター全体を読んでくれません。

そのため、キャッチコピーとメインビジュアルが最も重要であることを理解し、最もターゲットの興味を惹くであろう言葉を考えるようにしましょう。

効果的なメインビジュアルのデザインが分からない場合は、必ずポスター制作の会社と相談しながら進めることが重要です。

ターゲットを絞る

次に、ターゲットを絞ることも重要です。できる限り多くの集客を実現したいのは山々ですが、ターゲットがあやふやな場合、誰に向けたポスターであるかが分かりません。

たとえば、高級志向の人と廉価品を好む人では、そもそもの予算やニーズが大きく異なります。

これら2人のターゲットを同時に集客するのは、非常に難しいと言えます。だからこそ、自社が本当に集客したいターゲットを精査し、そのターゲットに向けて制作することが重要です。

伝えたい情報を精査する

最後に、伝えたい情報を精査することも大切です。

たとえばイベント集客のためのポスターでは、会場場所、日時、イベントで行う内容、連絡先や主催の情報などは最低限伝える必要があります。

一方で新商品の告知をする場合は、イメージ写真や検索して欲しいキーワードを伝える必要があるでしょう。

このように、目的に応じて伝えるべき情報は異なるため、それらを事前に精査して洗い出すことが重要です。

まとめ

ポスター制作

本記事では、ポスター制作について解説をしてきました。

ポスターは、人々の興味関心を集めたり、実際に集客できたりするメリットがあります。

親近感や信頼性を感じてもらいやすく、アピールできるターゲットも多いです。

費用相場は20,000円〜となっており、発注する範囲を狭めれば費用を抑えられることもあります。

ただし、ポスターは制作しやすいと考えられているものの、明確にキャッチコピーや伝えたい情報を絞り込むのは非常に難しいことも事実です。

効果を最大化させるためにも、自社で最大の効果を出すことに不安を感じる場合は、外部の制作会社と連携しましょう。

株式会社キョウエイアドインターナショナルでは、デザイン制作も含めクリエイティブなポスター制作を請け負います。

多数の事例を基に制作しますので、一度お気軽にご連絡ください

運営者情報

運営者
株式会社キョウエイアドインターナショナル
住所
東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル17階
お問い合わせ
https://kyoeiad.co.jp/contact/
電話番号
0120-609-450

関連記事