2022年6月30日

その他

エリアマーケティングとは?有用な広告手法を解説

特定のエリア・地域に最適化したマーケティングを行うことを、エリアマーケティングと言います。

特定の地域に店舗を持っている企業は、全国均一のマーケティングを講じる必要がないため、特にエリアマーケティングを熟知することが重要です。

そこで本記事では、エリアマーケティングの概要を解説するとともに、エリアマーケティングを行うべき理由や始めるための3ステップをご紹介します。また、有用な広告手法に関しても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

エリアマーケティングとは?

まずは、エリアマーケティングの概要から解説します。

エリアマーケティングとは、特定のエリア・地域にしぼり、最適なマーケティング施策を講じることです。

全国均一の施策を講じるのではなく、生活様式やインフラ、土地柄などを総合的に考慮して、特定の地域で成功することを目指してエリアマーケティングは行われます。

既存店舗の売上拡大を図りたい場合はもちろん、新規店舗を出店する際にもエリアマーケティングを駆使することで、失敗する確率を大幅に下げることが可能です。

エリアマーケティングを行うべき理由

エリアマーケティングを行うべき理由
ここからは、エリアマーケティングを行うべき3つの理由を解説します。

  • 特定のエリアでも十分な商圏が存在する
  • 施策の見直しを検討できる
  • 売上&需要予測を行える

それぞれ順番に見ていきましょう。

特定のエリアでも十分な商圏が存在する

はじめに、特定のエリアに絞ったとしても、十分な商圏が存在することが理由として挙げられます。

基本的に、商圏はそのエリアに住んでいる人口の総数を基に計算されます。その上で、スーパーやコンビニといった多くの店舗が乱立するエリアでは商圏が狭くなるものの、ブランド品や競合店舗が少ない事業に関しては商圏が広くなります。

しかし、コンビニやスーパーなどの商圏が狭い事業が集客できないわけではありません。なぜなら、すでに存在している店舗に来客している顧客は必ず存在するため、それらの顧客の総数が商圏であり、エリアマーケティングを図ることによりそれらの顧客を集客できるためです。

ニーズがよっぽど少ない事業でない限り、特定のエリアに絞ったとしても商圏は存在するため、エリアマーケティングを講じることにより十分な集客が可能になるでしょう。

施策の見直しを検討できる

エリアマーケティングでは、そのエリアに住んでいる顧客に対して適切な施策を講じる必要があります。

しかし、自社で現状講じている施策が、顧客に対して刺さっていない可能性も考えられます。

そのようなときにエリアマーケティングを行うことにより、施策の見直しを検討することが可能です。

それにより、今までより低コストでの集客も可能になる場合も多いでしょう。

売上・需要予測を行える

事業の利益を最大化させるには、売上と需要予測を行うことが欠かせません。

競合店舗の売上やエリアの需要を見極めることにより、新規店舗出店時の赤字リスクを軽減したり、ロジカルに売上を伸ばす施策を講じたりすることが可能です。

また、需要が減る時期には人件費を削減したり、需要が増える時期の準備を入念に進めたりすることもできます。

エリアマーケティングを行う3ステップ

エリアマーケティングを行う3ステップ
ここまで、エリアマーケティングを行うメリットを解説しました。ここからは、エリアマーケティングを行う3つのステップを解説します。

  • 人口統計などマクロ分析を行う
  • エリアに住んでいるユーザーの生活様式を分析する
  • エリアにおける競合を把握する

それぞれ順番に見ていきましょう。

人口統計などマクロ分析を行う

マクロとは、広い(大きい)視点で捉えることを指します。

一方、狭い視点で捉えることはミクロと言います。

エリアマーケティングを行う上では、人口統計などマクロ分析を行うことが大切です。ミクロ環境もエリアの需要や売上には影響するものの、マクロほど大きいものではありません。

人口統計などでマクロ分析を行うことにより、今後特定のエリアの人口に増減はあるのか、どの年代の人口に変化があるのかなどを予測することが可能になります。

エリアに住んでいるユーザーの生活様式を分析する

次に、エリアに住んでいるユーザーの生活様式を分析することが大切です。

たとえば、特定のエリアで高校生が多いとします。その場合は、高校生向けのアパレルショップを展開したり、一方で、子どものために弁当を作る必要がある家庭向きの商品を販売したりすることが検討できます。

また、電車よりも車通勤が一般化しているのであれば、ドライブスルーや駐車場サービスを展開することも可能になるでしょう。

このように、エリアに住んでいるユーザーの生活様式を分析することで、そのエリアでの需要を把握しやすくなります。

エリアにおける競合を把握する

最後に、エリアにおける競合を把握することが重要です。

競合店舗を分析する指標は複数あるものの、出店エリア、売り場面積、月間売上、営業時間などは最低限確認する必要があります。

これらを分析することで、自社が競合と同様の戦略を取った際に、同様の売上が立つかをある程度予測できるようになります。

エリアマーケティングに有用な広告手法

エリアマーケティングに有用な広告手法
ここからは、エリアマーケティングに有用な広告手法を4つご紹介します。

  • 交通広告
  • 地域に絞ったリスティング広告
  • チラシ(ポスティング)
  • 地域に絞ったSNS広告

それぞれ順番に解説します。

交通広告

交通広告とは、バスや電車、タクシー、駅などに掲示する広告のことです。

特定のエリアに絞って出稿できる代表的な広告であるため、エリアマーケティングを行う上では、第一に検討することを推奨する広告になります。

特に、交通広告は何度も同じ一般消費者の目に触れるため、印象に残りやすい強みを持っており、同時に掲示場所によっては特定の年代にのみアプローチできます。

エリアを絞って事業を展開されている企業は、積極的に交通広告を検討してみてください。

地域に絞ったリスティング広告

リスティング広告は、別名「検索連動型広告」と呼ばれ、ユーザーが検索したキーワードに対して出稿される広告のことです。

代表的な出稿媒体は、Google、Yahooの検索エンジンの2つになります。

リスティング広告は上限予算を設定すれば、その予算以上は消化されない安心感があります。

また、キーワードを絞って出稿できるため、ユーザーニーズに最適化した広告のみを出稿できることが強みです。

チラシ(ポスティング)

チラシなどをポストに投稿するポスティングは、エリアマーケティングの広告手法における代表例です。

しかし、インターネットやその他の広告媒体が活発化している背景もあり、チラシなどは効果が落ちてきていることも事実です。チラシを印刷する費用も安くはないため、慎重に検討することを推奨します。

地域に絞ったSNS広告

InstagramやFacebook広告などのSNS広告も、特定の地域に絞って出稿できます。

特に、SNSを利用しているユーザーの属性を踏まえた広告を出稿すれば、高い効果を発揮することが期待できます。

まずは、それぞれのSNSを利用しているユーザーの特性を分析することから始めましょう。

まとめ

本記事では、エリアマーケティングについて解説をしてきました。

エリアマーケティングは、特定のエリアでも十分な商圏が存在し、売上や需要予測を行えることから、地域に特化したビジネスを展開しているすべての方が行うべきです。

そのためにも、エリアにおける競合を把握し、生活様式なども分析することから始めましょう。

株式会社キョウエイアドインターナショナルでは、エリアマーケティングの中でも特に効果の高い「交通広告」を包括的に支援することが可能です。

300を超えるバス・電鉄会社と連携したサポート体制上で、それぞれの企業の課題やニーズに合わせた最適な広告運用を行うことが可能ですので、広告の出稿をご希望の場合は、一度弊社の無料相談を活用してみてはいかがでしょうか。

無料相談では、課題やニーズに合わせて、戦略や出稿する媒体の選定などを総合的に行わせていただきます。

監修者情報

監修・運営者
株式会社キョウエイアドインターナショナル
住所
東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル17階
お問い合わせ
https://kyoeiad.co.jp/contact/

関連記事